2021.9.14-12.19【江戸庶民の美 大津絵と浮世絵版画 -幻の東海道五拾三次-】(高梁市成羽町)




基本的な感染防止対策 3つの「岡山ルール」

【江戸庶民の美 大津絵と浮世絵版画 -幻の東海道五拾三次-】
期間:2021年9月11日(土)14日(火)~12月19日(日)
場所:高梁市成羽美術館(高梁市成羽町下原1068-3)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(ただし、9月20日は開館し、翌21日は休館)
入館料:一般・シニア1,000円/学生(小中高大生)500円
>>公式サイト
>>Facebookページ

※当館は9月13日(月)まで臨時休館いたしますので、本展覧会は9月14日(火)より開幕する予定です。

ゴッホやモネなど近代ヨーロッパの画家に多大な影響を与えた歌川広重の浮世絵版画「東海道五拾三次」と、その東海道の宿場町 大津で旅人に売られた土産絵「大津絵」の展覧会を開催します。

本展では、幻の東海道五拾三次と言われた丸清版五拾三次55点と現地写真55点に加えて、近年新たに発見された画家 小絲源太郎旧蔵の大津絵など35点を展示し、江戸庶民の美をご覧いただきます。

 

 
 

《おうち時間を楽しもう♪》親子で作ってみよう【ミニ畳づくりキット】

2021年5月18日

《おうち時間を楽しもう♪》岡山銘菓「きびだんご」をおうちで作って食べられる【おうちできびだんご】

2021年5月15日

 







 






岡山をおもしろく。

イベント企画、コラボ企画、
なんかやりたいけどなにかできる? など、
【おでかけドットコム】にご相談ください♪おでかけドットコムを応援してくれる方も募集中です!